アルコール寄りな日記ブログ

合成高級アルコール系洗浄成分がシャンプー以外に使われている製品

合成高級アルコール系洗浄成分

合成高級アルコール系シャンプーといっても、普通の人はあまりピンと来ないかもしれませんし、高級という言葉が入っているので値段が高いシャンプーを想像するかもしれません。

 

ですが、ドラッグストアなどで売られていて、テレビコマーシャルでももっともよく見かける手頃なお値段のシャンプーは、ほとんどが合成高級アルコール系シャンプーです。
高級アルコールというのは、値段や価値が高いというわけではなく、分子構造にCの原子が6つ以上ついたものであり、その名称が高級アルコールというだけです。

 

また合成は、石油系合成界面活性剤のことで、これが洗浄成分となっているので頭に合成がついているのですね。

 

石油系合成界面活性剤は、シャンプーだけではなく、食器用洗剤や風呂掃除用洗剤などにも使われています。

シャンプーで合成高級アルコール系洗浄成分が配合されている

アルコール系洗浄成分が配合

このことから分かるように、非常に強い洗浄力を持っているので、頭皮や髪の汚れを根こそぎ取り除きます。

 

こう聞くと、頭皮や髪を清潔にしてくれる良いシャンプーのように思えますが、頭皮にはある程度皮脂が必要ですし、髪は油分がなくなると水分が蒸発してぱさつきや枝毛など傷みの原因になります。

 

そのため、合成高級アルコール系シャンプーを毎日使うと、皮脂がまったくない状態になるため、頭皮を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。

 

皮脂が過剰分泌されると、それが古い角質や汚れと混ざり合って毛穴を塞いでしまい、頭皮環境が悪化したり、抜け毛や細毛の原因になります。

 

そうすることで、過剰に頭皮に負担がかかってしまうため、頭皮が荒れていきます。ですので、基本的には頭皮に負担がかからないケアが大切です。

 

また、合成高級アルコール系シャンプーは、天然の原料は使っていないためもともとの原価がとても安く、さらに容易に大量生産することができます。

 

ですので企業にはメリットが大きいのですが、あらゆる合成添加物で作られているので、頭皮や髪に負担をかけてしまいます。

 

そのため敏感肌や乾燥肌の方が使うとトラブルになることも多く、普通の人でも使い続けると炎症やかゆみが起こるようになってしまうことがあります。

 

確かに安いというメリットはあるものの、髪や頭皮の健康を考えると、一番使わない方が良いシャンプーと言えるのが合成高級アルコール系シャンプーなのです。

ドライヤーは髪と頭皮にかなりのダメージを与えて、薄毛や抜け毛の原因にもなるものですから、出来るだけ短時間だけ使うようにしたいものです。使用す...

しかしながら、親や親戚がハゲていれば、自分も確実に100%ハゲてしまうということではないので、諦めてしまわないで下さいね。ではどのくらいの確...

さらに成長期の第三段階になると、古い髪が完全に抜け落ちて、新しい髪が太く長く成長していく時期になります。この成長期の第一段階から第三段階まで...

ヘアサイクルの周期は、2〜6年ほどで、若いときには、髪の毛全体の9割が成長期にあります。しかし年齢を重ねるごとに徐々に成長期の髪の毛の数が少...

また髪が濡れたままのキューティクルは非常に弱い状態です。ですから洗髪後、濡れたままの状態でドライヤーをかけるのも止めましょう。濡れたままの状...

頭皮がある程度乾いてきたら、髪の根元から毛先に向かってドライヤーを当てていきます。髪の毛のキューティクルは髪の根元から毛先に向かってウロコの...

オイリー肌は水分が不足しているわけではなく、皮脂の分泌量が何らかの原因で過剰になっていて、十分に足りているところにさらに皮脂が分泌されるので...

バリア機能がしっかり働いていれば、肌の水分量が不足しないのはもちろん、肌自体も「肌を守らなくては」という危機感がないので皮脂の分泌が過剰にな...

肌の衰えを感じてくるのは、一般的に30歳を過ぎた頃からと言われています。エイジングケアの化粧品もこの年代以降をターゲットにしていると思われま...

▲アルコール寄りな日記ブログ 上へ戻る

アルコール寄りな日記ブログ page top