隠れ乾燥肌を改善するエイジングケア方法は?

隠れ乾燥肌を改善するエイジングケア方法は?

隠れ乾燥肌を改善するエイジングケア方法

オイリー肌は水分が不足しているわけではなく、皮脂の分泌量が何らかの原因で過剰になっていて、十分に足りているところにさらに皮脂が分泌されるので表皮がべたべたになってしまうのです。年齢とともに脂性肌でもインナー層が乾燥して外側も乾燥してくるので、適切なエイジングケアが大切です。

 

一方、隠れ乾燥肌も皮脂の分泌量が多すぎるのですが、隠れ乾燥肌の場合は肌の内部の水分量が不足してしまっていて、そのため肌が水分の蒸散を防ぐために皮脂を過剰に分泌するため表面だけオイリーになって肌の内部は乾燥しているという状態になるのです。

 

初歩的なエイジングケアでは保水力を上げるためにセラミドを補充していくことで隠れ乾燥肌の改善に繋がりながら、エイジングケアにつながります。なんといっても隠れ乾燥肌はエイジングサインの第一歩だからです。

 

隠れ乾燥肌の場合オイリー肌と勘違いしやすい特徴を持っているので、保湿ケアをしないという方が多く、そのためより肌の乾燥がひどくなってしまうことも多いようです。

 

ですので、表皮はべたついているけど肌にハリや弾力がない小じわが多いという方は、隠れ乾燥肌かもしれません。

 

もし隠れ乾燥肌になってしまっていたら、バリア機能が壊れてしまっているので、しっかりと保湿をして潤いを守ることが出来る肌作りが出来る保湿重視のエイジングケアを始めてください。

▲隠れ乾燥肌を改善するエイジングケア方法は? 上へ戻る
隠れ乾燥肌を改善するエイジングケア方法は? page top