髪のサイクルと寿命について

髪のサイクルと寿命について

髪のサイクル

さらに成長期の第三段階になると、古い髪が完全に抜け落ちて、新しい髪が太く長く成長していく時期になります。

 

この成長期の第一段階から第三段階までは、毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返して働いています。

 

また、成長期は4〜6年続き、髪全体の9割程度を占めています。

 

若いころには、この成長期の髪が多いのですが、年齢を重ねることで、成長期の髪の割合が少なくなり、髪が細く弱々しいものになっていきます。

 

成長期が過ぎると今度は退行期になります。

 

毛母細胞の働きが弱まってきて、髪が成長をストップさせる段階になります。

 

毛母細胞から髪が離れて、成長するのを完全にやめてしまう段階で、だいたい2〜3週間程度続きます。

 

やがて成長をやめた髪は段々と上に押し上げられて、抜け落ちる準備をします。

 

これが休止期と呼ばれる段階で、数ヶ月ほどこの状態が続きます。

 

また毛根の奥では新しい髪が作られる準備をしていて、再び成長期の第一段階への続くのです。

 

AGAや女性の場合にはびまん性脱毛症などの場合にはヘアサイクルの周期が速くなるというよりも成長期が少なくすぐに休止期にはいってしまいます。そうすることで髪が成長できないからAGAでお悩みの方は生えてくる髪が細いのです。

 

やはり成長期が短くなりやすいのは、薄毛特有のAGAなどの遺伝なども関係しているので、より寿命が延びるように成長しやすい環境を整えるとよいでしょう。

▲髪のサイクルと寿命について 上へ戻る
髪のサイクルと寿命について page top