ドライヤーを使う前の注意点の情報ページ

ドライヤーを使う前の注意点

ドライヤーを使う

皆さん毎日のようにお風呂に入ってシャンプーをして、スッキリとした身体で眠りますよね。

 

毎日のようにシャンプーをした後には、ドライヤーを使って髪を乾かしていると思うのですが、このドライヤーの使い方次第で、髪と頭皮への影響、ダメージの大きさが変わってきますので、注意が必要です。

 

毎日使用するドライヤーは正しく使って、髪と頭皮へのダメージも最小限にしたいものですね。

 

ドライヤーの正しい使い方をご紹介しますので、参考にして下さいね。

 

まずはシャンプー後には充分にタオルドライをすることを忘れずに。

 

髪をこすらないで、タオルで髪を挟み込んで水分を押し出すようにするのがポイントです。

 

ドライヤーを当てる際には、髪の毛をかき分けて、頭皮に直に風を当てるようにするのがポイントになります。

 

頭皮からドライヤーは、20センチくらいは離してかけるようにしましょう。

 

また同じ部分をずっと当てないようにして、ドライヤーを小刻みに揺らしながら風を頭皮に当てていきましょう。

 

こうすることで頭皮が乾燥しすぎることも防止できます。

ドライヤーは髪と頭皮にかなりのダメージを与えて、薄毛や抜け毛の原因にもなるものですから、出来るだけ短時間だけ使うようにしたいものです。使用す...

しかしながら、親や親戚がハゲていれば、自分も確実に100%ハゲてしまうということではないので、諦めてしまわないで下さいね。ではどのくらいの確...

さらに成長期の第三段階になると、古い髪が完全に抜け落ちて、新しい髪が太く長く成長していく時期になります。この成長期の第一段階から第三段階まで...

ヘアサイクルの周期は、2〜6年ほどで、若いときには、髪の毛全体の9割が成長期にあります。しかし年齢を重ねるごとに徐々に成長期の髪の毛の数が少...

バリア機能がしっかり働いていれば、肌の水分量が不足しないのはもちろん、肌自体も「肌を守らなくては」という危機感がないので皮脂の分泌が過剰にな...

▲ドライヤーを使う前の注意点 上へ戻る

ドライヤーを使う前の注意点 page top