シャンプー後のドライヤーの仕方の情報ページ

シャンプー後のドライヤーの仕方

シャンプー後

ドライヤーは髪と頭皮にかなりのダメージを与えて、薄毛や抜け毛の原因にもなるものですから、出来るだけ短時間だけ使うようにしたいものです。

 

使用するときには、最低でも頭皮から10センチは離してドライやーを当てるようにしましょう。

 

また同じ部分にドライヤーを当て続けることも止めましょう。

 

同じ部分にドライヤーの熱が当たることで頭皮や髪の毛を傷めてしまうので、いろんな部分をまんべんなく、ドライヤーを当てる位置を変えながら行うことが大切です。

 

髪と頭皮にドライヤーが良くない、ということでドライヤーを使わず、タオルドライのみで済ましてしまう方もいらっしゃるようですが、これも頭皮と髪には良くないことです。

 

髪も頭皮も傷んでしまうので、長期的に見ると頭皮環境が悪化してしまいます。まずは髪と皮膚の成り立ちを理解してヘアケアにうまく活用してみてください。

 

しっかりと乾いていない状態のままだと、頭皮に雑菌が湧きやすい状態になりますし、髪を傷める原因にもなります。

 

フケなどの原因にもなるので、シャンプーをした後には、しっかりと乾かしておくことも、育毛のためには大切ですし、育毛剤を使用している方はしっかり乾かしたあとに使用すると良いでしょう。

 

そうすることで正しいヘアケアが完成し、髪の状態をいつまでも良好に保つことができます。人気の育毛剤を使用しても効果が実感できない場合には、やはりシャンプーの仕方やシャンプー後の乾かし方に問題があったりすることも少なくないので、しっかりシャンプー後のドライヤーの仕方をマスターしましょう。シャンプー後のヘアケアでは男性ではコンディショナーを使用する場合もあるかもしれません。

 

女性ではトリートメントの方が多いでし、人気です。ヘアケア製品の香りを楽しみたい場合には、育毛剤よりも飲む育毛剤の方がヘアケア製品の香りを楽しむことができます。より効果をたっぷり実感したい人は両方使用していくとよいでしょう。

 

 

ドライヤーは髪と頭皮にかなりのダメージを与えて、薄毛や抜け毛の原因にもなるものですから、出来るだけ短時間だけ使うようにしたいものです。使用す...

さらに成長期の第三段階になると、古い髪が完全に抜け落ちて、新しい髪が太く長く成長していく時期になります。この成長期の第一段階から第三段階まで...

ヘアサイクルの周期は、2〜6年ほどで、若いときには、髪の毛全体の9割が成長期にあります。しかし年齢を重ねるごとに徐々に成長期の髪の毛の数が少...

バリア機能がしっかり働いていれば、肌の水分量が不足しないのはもちろん、肌自体も「肌を守らなくては」という危機感がないので皮脂の分泌が過剰にな...

▲シャンプー後のドライヤーの仕方 上へ戻る

シャンプー後のドライヤーの仕方 page top