父と母の家系のどちらがハゲやすいか?の情報ページ

父と母の家系のどちらがハゲやすいか?

父と母の家系

しかしながら、親や親戚がハゲていれば、自分も確実に100%ハゲてしまうということではないので、諦めてしまわないで下さいね。

 

ではどのくらいの確率でハゲの可能性が出てくるのでしょうか。

 

父方も母方も両方ともハゲの家系の場合、子供がハゲる確率は75%です。

 

父方がハゲの家系で母方が正常である場合、子供がハゲる確率は50%で、父方も母方も正常の場合では、子供がハゲる確率はかなり低くなります。

 

ハゲと遺伝は深い関わりがあると言いましたが、これはハゲが遺伝するのではなくて、ハゲやすい体質が遺伝するのです。

 

つまり体質が遺伝するのですから、可能性は高くはなるのもの、生活習慣や食習慣によって予防、改善することは充分に可能なのです。

 

ハゲる体質という遺伝子があっても、遺伝子以外の要素でハゲは克服出来るのですね。そのためシャンプーをアミノ酸系やノンシリコンなど無添加なのに変えたり、食生活でもバランスの良い栄養のある食事をするようにしましょう。また男性だと怠りやすいシャンプー後のケアをしっかり行っていくとよいでしょう。

 

ハゲる原因は、遺伝的要素以外にも複数の原因があるので、遺伝的な要素が低い場合でも、ほかの原因によってハゲる可能性もあるということです。

さらに成長期の第三段階になると、古い髪が完全に抜け落ちて、新しい髪が太く長く成長していく時期になります。この成長期の第一段階から第三段階まで...

ヘアサイクルの周期は、2〜6年ほどで、若いときには、髪の毛全体の9割が成長期にあります。しかし年齢を重ねるごとに徐々に成長期の髪の毛の数が少...

▲父と母の家系のどちらがハゲやすいか? 上へ戻る

父と母の家系のどちらがハゲやすいか? page top