ハゲの染色体と遺伝との関係について

ハゲの染色体と遺伝との関係について

ハゲの染色体

男性によってハゲることは深刻な悩みですね。

 

結婚式などで親戚が一同に集まるようなとき、おじさんもおじいちゃんも父親もみんな剥げている、こんな現実に直面したときに、自分もいつかはハゲてしまうのでは、と大きな不安を抱く男性は多いのではないでしょうか。

 

このようにハゲと遺伝には深い関わりがあると信じられているのですが、本当のところはどうなのでしょうか。

 

男性にとって切実な悩みであるハゲですが、調べてみたところ、はやり残念ですが遺伝するようです。

 

しかもハゲと遺伝にはかなり深い関係があるようです。

 

ドイツにある大学のチームが、40歳以前に薄毛になった人たちを集めた研究では、遺伝とハゲの関係の深さについて結果を報告しています。

 

その男性たちの家系の血液を調べてみたところ、X染色体に存在する男性ホルモンの一種であるアンドロゲンの受容体遺伝子に異変があることを突き止めました。

 

この異変によって、男性ホルモンであるアンドロゲンの作用が強くなり、薄毛につながることがわかったのです。

▲ハゲの染色体と遺伝との関係について 上へ戻る
ハゲの染色体と遺伝との関係について page top