ヘアカラーやパーマ後の主な注意点の情報ページ

ヘアカラーやパーマ後の主な注意点

ヘアカラーやパーマ後

男性だけなく女性でも薄毛や抜け毛で悩む方が多いようです。

 

男性の薄毛や抜け毛の悩みの原因には、男性ホルモンや遺伝などが挙げられますが、女性の場合には、ヘアカラーやパーマなどによる髪へのダメージが、薄毛や抜け毛の大きな原因となっているようです。

 

女性であれば、ヘアカラーやパーマでおしゃれを楽しみたいものです。

 

年齢を重ねた女性であれば、白髪染めや、髪のボリュームをアップするため、若い方であれば、ファッションとしてカラーリングやパーマを頻繁に繰り返しているのではないでしょうか。

 

しかしヘアカラーやパーマは、化学成分や熱による髪と頭皮へのダメージがかなり大きいのです。ヘアカラーやパーマを美容院で行った後のヘアケアには、いつもよりも気をつけたいものです。

 

ヘアカラーやパーマをした後の髪のキューティクルには、かなりのダメージを受けています。

 

しばらくの間は、シャンプー後以外では、ドライヤーを使ったり、アイロンを使ってのヘアスタイリングは避けた方が良いでしょう。

 

ドライヤーやアイロンの熱によって、キューティクルにさらにダメージを与えないためです。正しいヘアケアを行うことで髪の寿命も長く持ちやすいですし、枝毛などダメージが進まなくなるので、よりカラーなどが楽しめる期間が増えてきます。

ドライヤーは髪と頭皮にかなりのダメージを与えて、薄毛や抜け毛の原因にもなるものですから、出来るだけ短時間だけ使うようにしたいものです。使用す...

さらに成長期の第三段階になると、古い髪が完全に抜け落ちて、新しい髪が太く長く成長していく時期になります。この成長期の第一段階から第三段階まで...

ヘアサイクルの周期は、2〜6年ほどで、若いときには、髪の毛全体の9割が成長期にあります。しかし年齢を重ねるごとに徐々に成長期の髪の毛の数が少...

▲ヘアカラーやパーマ後の主な注意点 上へ戻る

ヘアカラーやパーマ後の主な注意点 page top