AGAの遺伝性の高さも大事ですが、日々のケアを怠らないようにしよう

AGAの遺伝性の高さも大事ですが、日々のケアを怠らないようにしよう

AGAの遺伝性の高さ

男の子が生まれるときには、母親の持つX染色体と、父親の持つY染色体が一緒に揃って、XYという染色体になります。

 

ですので男の子が生まれる場合には母親からのX染色体が遺伝するわけなのです。

 

一般的な感受性の高さというのではなく、あくまでもAGAに対しての感受性なので、同じではないことを理解ください。

 

母親の祖父が薄毛であっても、母親は女性ですので、AGAの症状が見られることはとても稀です。

 

しかし母親からのX染色体を受け継いた、母親の息子である孫にAGAが隔世遺伝することになるのです。

 

ですから、母親側の祖父が薄毛の場合には、かなり注意が必要です。

 

しかし、実際に薄毛になる原因は、遺伝以外にもさまざまな要素が関係しています。

 

遺伝によるものは、全体の25%ほどと言われていますので、もしもAGAの体質を遺伝によって受け継いでいたとしても、100%、AGAになるわけではないのです。

 

AGAは確かに遺伝が関係しているものの、その確率は25%程度で、実際に薄毛になるかどうかは、毎日の生活習慣や食習慣などによるところも大きいのです。

 

ですので、食生活やシャンプーなどでも頭皮ケアを毎日丁寧に行っていくと抜け毛予防につながります。

 

またかなり薄くなってしまった場合には、カツラや自毛植毛なども検討してみるとよいでしょう。

▲AGAの遺伝性の高さも大事ですが、日々のケアを怠らないようにしよう 上へ戻る
AGAの遺伝性の高さも大事ですが、日々のケアを怠らないようにしよう page top