ドライヤーを正しく使って髪を痛めないようにしましょう

ドライヤーを正しく使って髪を痛めないようにしましょう

ドライヤーを正しく使って髪を痛めない

頭皮がある程度乾いてきたら、髪の根元から毛先に向かってドライヤーを当てていきます。

 

髪の毛のキューティクルは髪の根元から毛先に向かってウロコのようになっているので、それに沿ってドライヤーを当てるのがポイントで、この時にもドライヤーは20センチくらいは離しておきましょう。

 

全体的にも乾いてきたら、仕上げに頭全体にドライヤーの冷風をあてて冷やしましょう。

 

こうすることでキューティクルを引き締めることができます。

 

この工程が全て終わって初めてブラシや櫛を使って髪の毛を整えていきましょう。

 

ドライヤーで髪を乾かしている最中にブラッシングをする人もいますが、これは髪の毛を傷めてしまうので、止めましょう。

 

このような正しいドライヤーの使い方であれば、髪へのダメージも最小限にできます。

 

濡れたまま・生乾きの頭皮には、雑菌が繁殖しやすくなり、抜け毛などの原因にもなります。

 

正しくドライヤーを使って抜け毛のない、健康的な美しい髪を目指しましょう。

▲ドライヤーを正しく使って髪を痛めないようにしましょう 上へ戻る
ドライヤーを正しく使って髪を痛めないようにしましょう page top