肌バリア機能をしっかり働かせようの情報ページ

肌バリア機能をしっかり働かせよう

肌バリア機能

バリア機能がしっかり働いていれば、肌の水分量が不足しないのはもちろん、肌自体も「肌を守らなくては」という危機感がないので皮脂の分泌が過剰になることはありません。

 

隠れ乾燥肌になるのは、肌の内部の水分量が足らないということが原因ではなく、肌の潤いを守るバリア機能が低下して「肌を守る必要がある」と体が感じることで皮脂が過剰に分泌されることで起こっているのです。

 

つまり、隠れ乾燥肌を改善するためには、まずはバリア機能の低下をサポートしながら正常化するエイジングケアが必要なのです。

 

ですので隠れ乾燥肌に良いエイジングケア化粧品は、バリア機能をしっかりとサポートして肌の水分を逃がさない働きをしてくれる保湿重視の敏感肌の方が使用しても安心のエイジングケア化粧品を使用する事です。

 

もちろん化粧水や美容液も大事ですが、バリア機能が衰えている隠れ乾燥肌はそれだけでは改善できません。

 

オイリーな肌にクリームを塗るのは重たいですし、べたついて嫌という方も多いと思いますが、バリア機能をしっかり整えてさらに水分や美容成分を閉じ込める保湿クリームは、隠れ乾燥肌を改善するためには欠かせないエイジングケア化粧品なのです。

ドライヤーは髪と頭皮にかなりのダメージを与えて、薄毛や抜け毛の原因にもなるものですから、出来るだけ短時間だけ使うようにしたいものです。使用す...

さらに成長期の第三段階になると、古い髪が完全に抜け落ちて、新しい髪が太く長く成長していく時期になります。この成長期の第一段階から第三段階まで...

ヘアサイクルの周期は、2〜6年ほどで、若いときには、髪の毛全体の9割が成長期にあります。しかし年齢を重ねるごとに徐々に成長期の髪の毛の数が少...

▲肌バリア機能をしっかり働かせよう 上へ戻る

肌バリア機能をしっかり働かせよう page top