まずは正しいシャンプーの方法で洗いましょうの情報ページ

まずは正しいシャンプーの方法で洗いましょう

正しいシャンプーの方法

薄毛や抜け毛が気になっている方は、育毛シャンプーや低刺激のシャンプーを使うなどして、シャンプーに気をつけていることでしょう。

 

またシャンプーの仕方にも気をつけている方もたくさんいらっしゃることでしょう。飲む育毛剤を中心に育毛をしている方は、内部ケアだけでなく、シャンプーの洗い方をよりよくするだけで、より髪が生えやすい環境が整えます。

 

頭皮を爪を立てて洗うのではなく、指の腹を使ってマッサージ洗いをしたり、シャンプー液が頭皮に残らないように充分にすすぎを行ったり、と育毛のためにもシャンプーは正しく行うことが大切です。

 

さらにシャンプー後のヘアケアにも気を付けたいものです。

 

シャンプー後の正しいヘアケアにはあまり気をつけていない方も多いかも知れませんので、ここで説明しますね。

 

充分にすすぎをしたら、まずタオルで髪の毛と頭皮についた水分を充分に拭き取ることが大切です。

 

このときに意識して欲しいのは、髪の毛ではなくて、頭皮の水分を取ることです。

 

髪の根元をタオルで押さえるようにして、頭皮を軽く叩くようにすれば、効果的に水分を取ることができます。

 

ここでしっかりと頭皮の水分をタオルドライしておくことで、ドライヤーで乾かす時間もかなり短縮することができます。

 

またシャンプーの種類でも人気の育毛シャンプーやスカルプシャンプーでも洗い方やすすぎ方に関してはほぼ同じです。やっぱり同じようですが、ヌルヌル感など違いがあるので、すすぐ時はよくすすぐようにしましょう。

まずは正しいシャンプーの方法で洗いましょう記事一覧

ドライヤーは髪と頭皮にかなりのダメージを与えて、薄毛や抜け毛の原因にもなるものですから、出来るだけ短時間だけ使うようにしたいものです。使用す...

しかしながら、親や親戚がハゲていれば、自分も確実に100%ハゲてしまうということではないので、諦めてしまわないで下さいね。ではどのくらいの確...

さらに成長期の第三段階になると、古い髪が完全に抜け落ちて、新しい髪が太く長く成長していく時期になります。この成長期の第一段階から第三段階まで...

ヘアサイクルの周期は、2〜6年ほどで、若いときには、髪の毛全体の9割が成長期にあります。しかし年齢を重ねるごとに徐々に成長期の髪の毛の数が少...

オイリー肌は水分が不足しているわけではなく、皮脂の分泌量が何らかの原因で過剰になっていて、十分に足りているところにさらに皮脂が分泌されるので...

バリア機能がしっかり働いていれば、肌の水分量が不足しないのはもちろん、肌自体も「肌を守らなくては」という危機感がないので皮脂の分泌が過剰にな...

肌の衰えを感じてくるのは、一般的に30歳を過ぎた頃からと言われています。エイジングケアの化粧品もこの年代以降をターゲットにしていると思われま...

▲まずは正しいシャンプーの方法で洗いましょう 上へ戻る

まずは正しいシャンプーの方法で洗いましょう page top