円形脱毛症に刺激的な成分が配合されている育毛剤が良くない理由は?の情報ページ

円形脱毛症に刺激的な成分が配合されている育毛剤が良くない理由は?

円形脱毛症に刺激的な成分が配合されている育毛剤

育毛剤に配合されている成分の中には、頭皮にとって刺激になる可能性が高い成分が含まれている場合もあります。

 

せっかく頭皮に良い影響を与えると思って使い続けていても、実際には頭皮にダメージを与え続けていたため逆効果になるケースも少なくありません。

 

配合されている成分をしっかり確認した上で使用を検討しましょう。特に円形脱毛症の場合には、頭皮が乾燥していたりするので、皮脂量が少なくなっている場合には刺激によって頭皮が荒れやすくなります。

 

ですので円形脱毛症の方で育毛剤を使用する場合には刺激的な成分が配合されていないのを選ぶとよいでしょう。育毛剤に配合される成分として、刺激を与える可能性が高い成分はアルコール類です。

 

頭皮の炎症を抑えたり、さっぱりとした使用感を得るために配合されているのですが、皮膚が弱い方には強い刺激になる可能性が高いと言われています。

 

アルコールを皮膚に塗ると数秒で蒸発して乾いてしまいますが、頭皮に残すべき皮脂も同時に蒸発させてしまい保湿力が失われる可能性もあります。

 

適度な皮脂まで奪われてしまうとバリア機能が失われてしまい、紫外線の影響を強く受けてしまいます。

 

逆に余計に皮脂を分泌させて毛穴に汚れを詰まらせる原因にもなりかねません。

 

アルコールが含まれる育毛剤を使用して何らかの違和感があった場合は、すぐに使用を中止して下さい。特に円形脱毛症の方はエタノールなど刺激になりやすい場合もあり、ただれることも少なくないので、育毛剤を選ぶときはエタノールが配合されているかどうかを入念にチェックするとよいでしょう。

▲円形脱毛症に刺激的な成分が配合されている育毛剤が良くない理由は? 上へ戻る

円形脱毛症に刺激的な成分が配合されている育毛剤が良くない理由は? page top